見栄えのいい

見栄えのいいメニューバーはホームページ作成の素材集で落とせる

ホームページに欠かせないものがサイト内メニューです。ホームページの構成は、まずトップページがあり、その下部に様々なページがあるというのが一般的です。たとえば芸能人のサイトであれば、トップページ以下は、ブログ、これまで出演した作品、自己紹介、グッズの販売、画像アルバムなどがあります。それらのページへのリンクをトップページに張って、閲覧者を誘導するのがサイト内メニューの区割りです。

サイト内メニューには様々な形式がありますが、最近のホームページ作成では、トップページの上部にバー型のものを置くことが多いです。
では、メニューバーの作り方はどのようなものかというと、外部ページへのリンクと差別化を図って、画像化するという方法がまずあります。文字はテキストをそのまま表示するのではなく、テキストを画像化したものを貼りつけて並べるわけです。

ただ、画像化したメニューバーの場合、リキッドレイアウトにはならず、閲覧者のモニターによっては横スクロールバーが出てしまうことがあります。最近のホームページ作成では、モニターの解像度にかかわらず、出来るだけ横スクロールバーを出さないようにするという考え方でデザインが組み立てられることが多いため、画像化したメニューバーを作る場合でも、ドロップダウン型にすることも珍しくありません。

ドロップダウンとは、閲覧者がメニューにマウスカーソルを載せたとき、そこから下に別のメニューを表示させるというものです。そうすることで、サイト内のページが多い場合であっても、リンクをまずジャンル別に分けたメニューバーを作り、ドロップダウンで個々のページに誘導するということが可能になります。メニューバーに載せるリンクが少なければ、幅の狭いモニターで見る閲覧者のブラウザに横スクロールバーが出ることが少なくなり、ユーザビリティが向上するわけです。

ドロップダウン型のメニューを作る場合は、CSSとジャバスクリプトの知識が必要になります。この二つは見栄えのいいホームページ作成を行う上で基本となるものなので身につけておくといいでしょう。ただ、ホームページ作成で使える素材を掲載しているサイトには、ドロップダウンのメニューを表示するためのファイルがあることも少なくないので、そうしたものをサイトに組み込めば、あまり知識がなくても設置することが出来ます。
ホームページ作成を行う場合は、そうした使える素材を配布しているサイトをたくさん知っておくと便利です。”