有効な色の使い方

企業、ショップ系のホームページ作成における有効な色の使い方

企業の案内と業務内容を紹介したり、ネット通販サイトでは、訪れたユーザーに長時間みてもらえるホームページ作成が重要です。
そのためには色の選択、組み合わせは非常に重要な要素となってきます。

まず、ホームページ作成においてメインカラーとして企業のイメージカラーを使用し、ユーザーに印象づけるのは重要です。
しかし、そのイメージカラーが赤系や青系でしかも高輝度だった場合、ページの背景など全体的にその色を使用するのには向きません。

文字の読みにくさにも繋がりますが、さらにディスプレイの表示は光を使用しているので目に負担がかかり、ユーザーは長時間そのホームページを見ていたいとは思いません。
イメージカラーの使い方としては、ページのヘッダ、フッタ部分といった全てのページで表示される部分、または情報を表示するためのボックス領域の縁取りなどワンポイントに使用するだけでも効果的です。

また、イメージカラー自体もギラつきがあると感じた場合は彩度か輝度を若干落として色を落ち着かせるのも大事です。

多くのホームページ作成ソフトではCSSなどを利用して異なるページでもレイアウトやカラーを統一する機能があるので、うまく利用して最適なバランスを見つけましょう。
次にヘッダ、フッタの間に作る情報の表示領域ですが、白地に黒文字が一般的だと思います。

しかし、素直に真白(HTMLコードで#FFFFFF)と真黒(#000000)を使用すると、背景のまぶしさが目に負担をかけてしまいます。
調整して背景はほんのりグレーより(#F5F5F5など)にし、文字もわずかに明るく(#202020など)して輝度の差を縮めてやると文字量が多いページでも読みやすくなります。

もし、企業のイメージカラーがベージュやパステル調の薄い色であれば、そのまま背景にしてしまうのもアリです。

特にネット通販などユーザーに楽しく見て回ってもらいたいページでは楽しい雰囲気を作るのに効果的です。

また、状況によっては色弱のユーザーに向けたページを用意する必要が出てくるかもしれません。

ホームページ作成ソフトの機能やフリーソフトで現在のページが色弱の方にはどのように見えるかをシミュレートすることができるので、確認しながら切り替え用のCSSを作成することができます。

ホームページ作成において色がユーザーに与える影響は非常に大きく、明らかに意識できるもの、無意識に感じるもの、それが良い影響であったり悪い影響であったりと様々です。

ここに挙げたものはほんの一例にすぎません。
ホームページ作成ソフトには他にも様々なサポート機能があるので上手く利用して見やすいホームページ作成を心がけてください。”